ザ・超絶技巧!

アクセスカウンタ

zoom RSS T. Lavitz and the Bad Habitz [1989]

<<   作成日時 : 2005/11/21 20:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


T ラヴィッツ :キーボード奏者
パスポート・レーベルから離れての3枚目(ミニ・アルバムを入れると4枚目)のソロ・アルバムにして最高傑作がこの作品である。メンバーは固定されており、目をひくのが6弦フレットレス・ベースの達人スティーブ・ベイリーである。他のメンバーは日本であまり馴染みのないが皆テクニカルなミュージシャンばかりである。ギターはジェフ・リッチマン、ドラムスはレイ・ブリンカーである。米国での評価はこのアルバムがベスト・オブ・アーティストとなっている。プロデュースはラビッツ自身がしており、アルバム・タイトルの通りバッド・ハビッツなるグループ名が示すとおりグループとしての活動もしていた様である・・詳しくはあまり判らない。スタイル的にはやはりジャズ・ロックと言ってよいもので、4人の素晴らしいテクニカル・プレイが緊張感溢れるものとなって聴き手に迫ります。レーベルがカナダのレーベルの様なので、邦盤の発売有無は定かでは有りませんが、もし入手できるのであれば是非聴いて戴きたい逸品でございましょう。スコ・ヘン、スティーブ・スミス、ジェフ・バーリンとのプレイヤーズ・ライブで演奏されていた時期の曲と感触が似ているので、このアルバムでの演奏も緊張感があり楽しむ事のできるものです。ジャケットもお洒落な感覚のもので、私もおきにいりの1枚でございます。(手に入らないかなぁ・・・。)

http://www.tlavitz.net/index.html

1. September
2. Trash Park
3. Hobo's Lullabye
4. Slideways
5. The Quiet One
6. On The Street
7. A Dream Come True
8. Holidays
9. Down At The Docks
10. Young Circle
11. Times SquareT. Lavitz and the Bad Habitz
T Lavitz & His Bad Habits

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
これに食い付かないわけがないわけで・・・(笑)。小ネタですが Steve と Ray は80年代中頃に Andy Timmons とバンド組んでましたね。自主制作アルバムを出したみたいですがあっしは未聴っす。Jeff は最近コンピ盤のプロデューサーで大活躍ですよね〜。
gw
2005/11/21 22:03
ども、gwさん。
通なネタありがとうございます。
taha
2005/11/22 22:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
T. Lavitz and the Bad Habitz [1989] ザ・超絶技巧!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる