ザ・超絶技巧!

アクセスカウンタ

zoom RSS Michael Manring / Thonk  [1994]

<<   作成日時 : 2005/11/06 17:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

画像
マイケル・マンリング。チョー、ぶっ飛びのベース奏者である。この方はこのアルバム購入するまで全然未知の存在でありましたが、世界は広いとまたまた実感した次第であります・・。それはたいへん素晴らしい才能の持ち主だからで有ります。(本当は参加メンバーを見て買ったの・・)スティーブ・モーズとスティーブ・スミスが参加しているだけでこのマンリングさんがテクニカルなベーシストだと言う事は推測されるでしょ・・。そしてなにより発売元のレーベルがあのウィンダム・ヒルだから2度ビックリであります。(癒やし系として有名なレーベルが、なぜにこのようなハイパー・テクニカルなアルバムを・・)このマンリングさんは、米国においてはニュー・エイジ・アーティストとして認知されておりやす。おそらくマンリングさんが考案したか、アイデアを出したと思われるハイパーベースなる楽器を駆使していて、ギター並のソロ・パートを展開しているのであります。曲のクレジットにはスティーブ・モーズが2ndソロ、ハイパーベースが1st ソロと明記されております・・。いやはや、スンゴイ事になっておりますよ現場は・・。日本ではほとんど無名のマンリングさんなのですが、これほどの腕前の持ち主であればぜひ日本のテクニカル・プレイのファンに演奏を聴かせてもらいたいものであります。(来日した事あるのかなぁこの人?)曲は全てマンリングの作曲であり、プロデュースはジョン・カニベルティなる人物が担当いたしております。(ごみんなさい、知りませんこの人!)ものすごい速い指さばきの曲が目をみはる所があるがベキバキ、硬質な弦をピンと貼ってメロディアスなコードを弾き込む曲もあり、なかなかでありますよ皆さん!(ジャケットがこれまたヨイデス!ウィンダム・ヒル系とはだれも思えまい・・)テクニカル・フュージョンの隠れた傑作かもしれない!

Thonk
1.Big Fungus
2.Snakes Got Legs
3.Monkey Businessman [Live]
4.Disturbed
5.On a Day of Many Angels
6.My Three Moons [Live]
7.Cruel and Unusual
8.Bad Hair Day
9.Adhan [Live]
10.You Offered Only Parabolas
11.Enormous Room [Live]
Thonk

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
持ってるんですけど、あんまり聴き込んでいないんで印象薄です(笑)。ちゃんと聴いてみよ〜っと!
gw
2005/11/07 19:40
アッシはけっこう好きです。
ベース・ソロの曲があるので、そこが好みの分かれ目でしょうかぁ。
taha
2005/11/07 23:38
ベース弾きでからみても、すばらしいテクニックとセンスを持ち合わせたミュージシャンです。
Toshi
2008/05/11 12:58
どもっ、Toshiさん。
そんなんですか、やっぱりなぁ・・
でも、日本ではほとんど無名ですよねっ
taha
2008/05/13 00:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
Michael Manring / Thonk  [1994] ザ・超絶技巧!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる