ザ・超絶技巧!

アクセスカウンタ

zoom RSS Nguye^n Le^ / MAGHREB & FRIENDS (1998)

<<   作成日時 : 2006/01/22 23:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
ヴィエトナム系フレンチ人ギターリストであるグエン・レさんは、知る人ぞ知るスゴ腕さんであります。スピィーディな展開の曲において切れ味鋭いフレーズをこれでもかっ・・ていうくらい弾き込んでおります。レさんの奏法で特徴的な点はチョーキングの技術です。アームを使用した奏法と併用しながら、思い切ったチョーキングを「これでもかっ!」ていうくらい引っぱって来ます。まるでギターの弦が切れるのではないかと心配してしまいます。ギターのテクニックはスーパー・ワールド・クラスと言われており、人によってはスコ・ヘンやギャンバレ級??(スタイルが違うってぇぇぇ?)世界中の有名ミュージシャンと共演歴があり、ヨーロッパはもとより米国等でも大活躍であります。そんな素晴らしいプレーヤーなのに?日本ではほとんど無名に近いのはなぜ??そりは、レさんのアルバムが日本ではなじみのないレーベルから発売されているのと、紹介する側の情報不足&勉強不足があると思われます。そーなんです、レさんの情報はあまりにも少なすぎるのであります。音楽専門誌や web(日本語で読める・・)でも情報はほんのすこしだけ、詳しいプロフィールにいたっては全くありましぇん!私にとっては未知なる強豪の出現であります。レさんが師と仰ぐジミ・ヘンドリクスのカバー・アルバムが邦盤で発売されているので、それらを参考にするしかないのかなぁぁ・。そんなレさんのルーツがそうさせるのか?このアルバムは東南アジア(特にヴィエトナムを中心に・・)諸国からインドあたりまでをカバーするエスニック色の濃いワールドワイドフュージョン的な作風となっておりやす。1曲目から複数のヴィエトナムの歌い手さんたちのボイスと供に、切れ味するどい攻撃的なフレーズを叩き込んでおります。多くのアジア諸国特有のまとわりつくような粘っこい言語によるボイスは、聴き方によるとパーカッションと同じ様な効果をもたらしているように感じられます。こういったところがプロデューサーとしてのレさんの腕の見せ所でもありまんすねぇぇ。独特のアジアン・テイストとエスニック色の融合技は他を圧倒すると言っても過言ではありますまい!(ウーム、良くわからん?)
何はともあれ、世界的にみても優れた内容のワールド・エスニック・ミュージックであることは間違いのないトコロであります。まさに一家に一枚の家法とすべき代物であります。これ、チョーお勧めであります。
Maghreb & Friends
track list:
1 Ifrikyia Karim Ziad, Nguyên Lê
2 Constantine Youcef Boukella / Nguyên Lê
3 Louanges Karim Ziad
4 Yhadik allah B’net Houariyat /Karim Ziad/Nguyên Lê
5 Nora Karim Ziad / Nguyên Lê
6 Funkraï Nguyên Lê
7 L’Harka li jeya B’net Houariyat /Karim Ziad/Nguyên Lê
8 Guinia Nguyên lê / Dominique Borker
9 Nesraf Mohammed El Anka / Nguyên Lê
Maghreb & Friends

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Nguye^n Le^ / MAGHREB & FRIENDS (1998) ザ・超絶技巧!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる