ザ・超絶技巧!

アクセスカウンタ

zoom RSS Pierre Moerlen's Gong / Time Is the Key [1979]

<<   作成日時 : 2006/01/28 22:15   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
前作”Downwind”の流れを汲みこのアルバムも多数のゲストの参加によって形成されております。もっともうれしいのはギターでAllan Holdsworthが参加していることです。Downwindのような大作は収録されていませんが、時代の流れに逆らうかのように繰り出される楽曲の数々、まるでプログレ(ジャズ・ロック)ファンに対してのメッセージなのかぁ??当時はプログレという言葉は禁句とされ、その一言を発するだけで逮捕されるような状況でありました。(嘘!)そんな中でもパーカショ隊を中心とした燃えるランズ・ゴングの皆様はこの当時勢力的に活動していきます。きらめくようなパーカショ隊の音作りはこのグループの持ち味のひとつなのだが、このアルバムで聴くことのできるものは、ズドーンといった感じよりはチャカポコ、ポッキンといった感触かなぁぁぁ。モエルラーンのドラムスはここではとても軽めで硬く聞えますが、生で聴くとドッシリとした重量感あるものです。その小さな体からは想像できないくらいパワフルなドラミングは、フレンチ・ジャズ・ロック界随一と言えるものでありんす。本当に巧いヨ!本当に拙者の好きなドラマーは短命で残念!

Allan Holdsworth - Guitar
Pete Lemer - Keyboards
Darryl Way - Violin
Joe Kirby - Bass
Bon Lozaga - Guitar
Pierre Moerlen - Drums, Producer
Nico Ramsden - Guitar
Hansford Rowe - Bass

1.Ard Na Greine
2.Earthrise
3.Supermarket
4.Faerie Steps
5.American in England
6.Organ Grinder
7.Sugar Street
8.Bender
9.Arabesque Intro & Arabesque
10.Esnuria Two
11.Time Is the Key
Time Is the Key
Time Is the Key

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Pierre Moerlen's Gong / Time Is the Key [1979] ザ・超絶技巧!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる