ザ・超絶技巧!

アクセスカウンタ

zoom RSS Steve Topping / Time and Distance [1998]

<<   作成日時 : 2006/02/07 22:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像スティーブ・トッピング。ギターリスト。世の中には変体的なフレーズを曲に織り込むギターリストはそれほどいないと思われますが、・・噂によれば、今回の趣旨先行である・・はアノAllan Holdsworthに注目されているギターリストなそうだっ。それもそのハズで、参加しているドラマーがゲイリー・ハズバンドとベースがポール・カーマイケルだったりするからコリマタ驚き!ハズバンドとカーマイケルはi.o.u.バンドの初代ドラマーとベーシストで、ホーさんが最初の選んだリズム隊だったりしたことがある。このSteve Toppingはホーさんに負けず劣らずの変体性を備えた人物で?(性格的な点はどうか判らないっすよ!)ベース・ドラムスとのスリーピースの構成の中、インプロビィゼーションなのかアドリブなのか・・計算しているのか即興なのか検討がつかない。予測不可能な展開をする曲が並びます。そういった曲ばかりをよくも並べたものだっ・・と誰かが言ったかどうか??アルバム全編を聴き終わった時点で、正常な状態でいられるかどうか保証はいたしません。そりほど危険な内容のアルバムです!(嘘・・)もちろんテクニック的なところは参加しているハズバンドとカーマイケルが証明しているようなものだし、ホーさんのご推薦が本当ならば是非!お手にとり、家宝としていただき末代まで語り継いでいただきたい。ジョン・マクラフリンの名前もチラリと・・。(はっきり言って取り扱い厳重注意の物件)こういったブツが気軽にオンラインで購入できる良い時代になったものです。(このアルバムを聴いた後に聴く別の作品を別途ご用意ください)

Allan Holdsworth's original I.O.U. rhythm section of Gary Husband (drums) and Paul Carmichael (bass).
Time and Distance
1.Adrenalin
2.Amongst the Leaves
3.Renewal, Pt. 1-2
4.Blueways
5.Watercolour
6.Son of Spock
7.Fossil
8.Time and Distance
9.Life Divine
Time & Distance

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Steve Topping / Time and Distance [1998] ザ・超絶技巧!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる