ザ・超絶技巧!

アクセスカウンタ

zoom RSS Victor Wooten / Palmystery [2008]

<<   作成日時 : 2008/05/31 10:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

画像
Victor Wooten :ベーシスト__ヴィクター・ウッテンは、1970年代にはウッテン・ブラザーズ・バンド(レジ、ルディ、ロイ、ジョセフ、ヴィクター)のベーシストとしてデビューし、カーティス・メイフィールドやウォーの前座を務めた。彼を有名にしたのは、名バンジョー奏者ベラ・フレック、兄でドラム奏者のロイ・ウッテン、ハーモニカ兼キーボード奏者のハワード・レヴィとともにベラ・フレック・アンド・フレックトーンズ(Béla Fleck and the Flecktones)を結成してからの活動。このグループは、ブルーグラスを基調としてジャズ、フュージョン、ファンクを織り交ぜたインストゥルメンタルバンドとしてスタートし、1993年にハワード・レヴィが脱退してサックス奏者のジェフ・コフィンが加入したことで、コンテンポラリージャズ・フュージョン色を強めた。
もっとも、超絶技巧ファンを唸らせたのは、スティーブ・スミススコット・ヘンダーソンらと結成したVTT(Vital Tech Tones)での2枚のアルバムと、グレッグ・ハウ、デニス・チェンバースとの"エクストラクション"が特に注目・・・。
Flecktonesで様々な音楽を吸収し、多くのミューシジャンとコラボレーションしてきたウッテンなだけに本ソロ作においても、多種多様なジャンル・カテゴリーに挑戦している。その曲ごとに豪華なゲストを招いて真剣勝負のぶつかり合いで聴く側を挑発している点が超絶ファンを狂喜させている要因でもありんす。
拙者が注目のゲスト・プレーヤーは、Mike Stern,Dennis Chambers,Richard Bona,Steve Bailey, Will Kennedy, Chuck Rainey,等々のメンツがこれでもかっ・・というくらいの力技を披露する様はまさに圧巻!

1. 2 Timers - (with Victor Wooten)
2. Cambo - (with Victor Wooten)
3. I Saw God - (with Victor Wooten)
4. Lesson, The - (with Victor Wooten)
5. Left, Right & Center - (with Victor Wooten)
6. Sifu - (with Victor Wooten)
7. Miss U - (with Victor Wooten/The Lee Boys)
8. Flex - (with Victor Wooten)
9. Gospel, The - (with Victor Wooten)
10. Song For My Father - (with Victor Wooten)
11. Happy Song - (with Victor Wooten)
12. Us 2 - (with Victor Wooten)


Personnel Chuck Rainey
Dennis Chambers
Keb' Mo' - slide guitar
Alvin Lee
Karl Denson - tenor saxophone
Richard Bona - vocals, percussion
Barry Green - trombone
Mike Stern - guitar
Howard Levy - harmonica
Derrick Lee
Jeff Coffin - tenor saxophone, baritone saxophone
Eric Silver - mandolin, violin
Alvin Chea
Joseph Wooten - vocals, piano, organ, keyboards
James Jackson - congas
JD Blair
Neal Evans - organ
Steve Bailey - fretless bass
Will Kennedy
Rod McGaha - trumpet
Daniel Hunt
Regi Wooten - guitar, bass guitar
Darrell Tibbs - percussion
Holly Wooten
Kaila Wooten
Roy Wooten - cajon drums, shaker, hand claps
Saundra Williams
Adam Wooten
Derico Watson - drums
Shawn "Thunder" Wallace - alto saxophone
Anthony "Flex" Wellington
Dane Bryant - keyboards
John Billings - bass guitar
Raymond Massey
Rudy Wooten
Dorothy Wooten
Keith Lee - vocals
Palmystery
Palmystery

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
Victor Wooten/Palmystery(I)
Victor Wooten,Anthony Wwllington,Alvin Coedy(B) Derico Watson,JD Blair,Dennis Chambers,Will Kennedy,Raymond Massey(Ds) Joseph Wooten,Dane Bryant(Key) Neal Evans(Or) Regi Wooten,Mike Stern,Roosevelt Collier,Alvin Lee(G) Roy Wooten(Per) Richard Bona(V... ...続きを見る
Jazz&Drummer
2008/06/03 23:40

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
tahaさん、こんばんは。
こちらからもTBさせていただきます。
本作はVTTやグレッグ・ハウのようなカッコいいサウンドとまではいきませんでしたが、これはこれで想像していた以上に良かったです。
またわたし的には初体験のウッテン兄弟や、その他の無名の人たちも確かなテクニック持っていてビックリしました。
普段はこちらの路線の音楽はあまり聴かないのですが、さすがにウッテンとやる人たちはみんな凄いですね。
nary
2008/06/03 23:55
どもっ、naryさん。
前作はモロのファンク路線だったので、今回のコンテンポラリー系は個人的には◎でしたっ。
ウッテンの実力からすればもっと高い評価を得てもいいと思います・・。
taha
2008/06/08 10:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
Victor Wooten / Palmystery [2008]  ザ・超絶技巧!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる