ザ・超絶技巧!

アクセスカウンタ

zoom RSS GAMALON / AERIAL VIEW  [1990]

<<   作成日時 : 2005/11/09 22:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 5

画像
ガマロンBruce Brucato--guitar、 George Puleo--guitar、 Geoffrey Fitzhgh Perry--violin、Tom Reinhardt--bass、 Ted Reinhardt--drums、最初に書いてしまうがこのグループの詳細は全くの不明であるので、あしからず・・・。1曲目からヒートアップしっぱなしの曲が連続して登場してくるハイテンションなアルバムである。(1曲目のタイトルは”BEAT THE HEAT”という・・)中心となるインストゥルメンツは2本のギターである。ヴァイオリン入りでキーボードレスの変速的な楽器編成なのだが、その強力な2本のギターによって音の厚みは尋常ではない。分かりやすく言うとメロディアスかつハードな、HR/HMの歌の部分を抜き出した様な・・もしくは、ギターフュージョンのロックっぽい部分を強調したかの様な・・。(よけいに訳わからんかぁ?)そんな感じなのである。ヴァイオリンが入っていてスロー&ミディアムな曲でポイント的に使われているが、オイシイ所は全てギターが持って行ってしまうのである。ゲストにSAXでアーニー・ワッツ、キーボードにスパイロ・ジャイラのトム・シューマンが1曲づつ参加している。このアルバムの他に作品があるが、このAERIAL VIEWが数段クォリティが高い。すばらしい出来映えである。正にロックン・ギター・フュージョンの傑作と言える様なアルバムである。よけいな事かもしれないが、このアルバムを聴きながら高速道路なんぞをぶっ飛ばさない様に・・事故に巻き込まれるかも知れないよヨ!久々に拳に力を込めて聴いたアルバムでございました。

Aerial View
1. Beat the Heat
2. Lena
3. The Lost Ghost
4. The Rift
5. 1969
6. Bleeker St.
7. Large March
8. U.F.O.
9. Aerial View
10. Relapse

Geoffrey Fitzhugh Perry: Violin
Ted Reinhardt: Drums, Percussion
Bruce Brucato: Guitar
George Puleo: Guitar
Tom Reinhardt: Bass
Tom Schuman: Keyboards
Ernie Watts: Saxophone
Aerial View

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
プラダ メンズ
GAMALON / AERIAL VIEW  [1990] ザ・超絶技巧!/ウェブリブログ ...続きを見る
プラダ メンズ
2013/07/06 14:38

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
うわーコレ持ってました。何気なくノリで中古盤駆ったんですよー。でも、でも、聴き込まないうちにまた売りに出してしまった・・・後悔・・・
sorapapa
2005/11/11 13:12
あっ、そうですか、sorapapaさん。
これからはほとんど入手困難盤となると思われます。
taha 
2005/11/11 22:00
このアルバムかっこいいですね。昨日、安値で買いました。何気にジャケット買いでして、内容も、知らないまま買いました。今、聞いても、色褪せる事のない内容でした。他にも、何枚位出ていますか?内容は、どうなんでしょうか?
もん
2006/04/16 09:48
どうも、もんさん。
そうですねぇ、邦盤が出たのはこれともう一つくらいでしょうかぁ。live盤もありますが、日本ではほとんど手に入らないと思います。内容はこのアルバムが一番良いと思います。
taha
2006/04/18 23:58
ご返信ありがとうございます。どうやら、複数ででるみたいです。ギターナインで、取り扱いありますね・・
もん
2006/05/26 20:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
GAMALON / AERIAL VIEW  [1990] ザ・超絶技巧!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる